ヘッドホン:MDR-Z1000:互換イヤーパッド

ここ半年近くAliExpressのお買い物にハマっています。同僚に中国人に話を聞くことができました。

  • AliExpressの存在は知らなかった。
  • 商品の値段は中国の相場感と同じ。
  • 届くのが遅いね。中国の地元でも中国郵便を使う人は殆ど居ない。
  • クレジットカード番号を入力しても多分大丈夫だと思う。

とのことでした。
私はAliExpressの支払いは、念のためPaypal(PayPayじゃ無いよ)経由のクレジットカードで支払っています。

前置きが長かったですが本題の互換イヤーパッドです。

あまりに安価なのですが、さまざまなセラーから類似品が多数売られている中国製品は、製造元が同一なのではとの憶測のもと、物は良いだろうと思い買ってみました。
届くまで一ヶ月位かかりましたが、無事に到着しました。物はというと、パッケージは無きに等しいレヴェル(保守パーツの様な感じ)ですが、期待した通り物は良かったです。付属品等一切つきませんが、おそらくAmazon | Geekria QuickFit イヤーパッド 互換性 パッド SONY MDR-Z1000 ZX1000 ヘッドホンに対応 イヤパッド/イヤークッション/イヤーカップ (プロテインレザー/ブラック) | GEEKRIA | 家電&カメラと物は同じだと思います。

私だけかもしれませんが、MDR-CD900stシリーズって癖になる魅力があると思うのです。どんどん増えてしまい都合8個所有しています。

  • MDR-CD900民生用:無改造:中学生の時に購入
  • MDR-CD900民生用:グランド分離改造済
  • MDR-CD900業務用:グランド分離改造済:サマリウムコバルト
  • MDR-CD900st:グランド分離改造済:ネオジム
  • MDR-7506:グランド分離改造済:サマリウムコバルト
  • MDR-7506:グランド分離改造済:ネオジム
  • MDR-Z1000:無改造
  • MDR-Z1000:グランド分離改造済

AliExpressで、これらのイヤーパッドが安価に入手できるのは助かります。

キーワード:
MDR-CD900
MDR-CD900 民生用
MDR-CD900 業務用
MDR-CD900st
MDR-CD900st サマリウムコバルト
MDR-CD900st ネオジム
MDR-CD900st ネオジウム
MDR-7506
MDR-7506 サマリウムコバルト
MDR-7506 ネオジム
MDR-7506 ネオジウム
MDR-Z1000
中華イヤーパッド
互換イヤーパッド
中華互換イヤーパッド
AliExpress
Geekria

ヘッドホン:MDR-CD900stの低音不足問題(2)

MDR-CD900stの低音不足問題 Part2ということで、前回ブログを書いた時から認識の変化があったので追加で書きます。

  • MDR-CD900stは、音楽業界で多数使われているらしい(私は一般会社員なので知る由も無し)ですが、いろいろ言われているのは大体こんなところなのではないでしょうか?
    • プレーヤーが使用するフィードバックモニター
    • 音声編集(カット&ペースト等)時に、ヒスノイズ、スクラッチノイズを容易にする
    • 低音の量感不足
    • 私は量感不足とは思わないけど...
    • 音場がコンパクト
    • 録音チェック用途
    • マイクロホンのダイヤフラムの音を聞くためのもの
  • ヨドバシカメラ秋葉原店で、MDR-CD900stMDR-7506を聴き比べる機会がありました。MDR-CD900stはまぁそうだよねっていう音がしました。MDR-7506なのですが、イヤーパッドのコンディションが悪すぎて、低音の量感が感じられなかったのです。
  • 以前私が書いたブログで、イヤーパッドによって振動板と鼓膜の距離と容積が変わるので、低音の量感が変化することを書きました。イージーな実験として、ヘッドホンで音楽を聴いている状態で、ヘッドホンを両手で耳に押し付けるようにすると、低音の量感が増えると思います。
  • 偶然の産物なのですが、中華製のMDR-Z1000互換イヤーパッドの出来が良くて、MDR-CD900stに付けて使用すると低音の量感を損なうことなく装着感が改善されることを書きました。その後、MDR-CD900系統のヘッドホンすべてに中華製のMDR-Z1000互換イヤーパッドを装着したところ、音質差が少なくなって極端な話、製品誤差のような感じとなりました。
  • 話はイヤーパッドから離れますが、MDR-CD900stのドライバユニットは、背面の穴が2個空いていてそれ以外はシールで塞がれています。それからご存知の通りミクロングラスが詰まっています。一方、MDR-7506は背面の穴が1個空いていてそれ以外はシールで塞がれています。ミクロングラスは無し。ここからは憶測ですが、両者のドライバーユニットは実は同一のもので、背面の穴のみ異なるっているのではと思いました。というのは、メーカーがローコストに保守パーツの在庫を維持するのに都合が良いと思うのです。背面の穴に関しては、アンブレラカンパニーのホームページで興味深い実験をされています。
  • ヘッドホンもスピーカと同様で、振動板のアコースティックインピーダンスが低い(動きやすい)と、低音の量感が増える傾向にあると思います。両モデルは以下のようにバランスをとっているのではと思います。そして、メーカの意図するところは同一の音質を狙っているように思います。ただし音場に関してはミクロングラスがタイトに効いてくるように思います。
    • MDR-CD900st:穴2個とミクロングラス
    • MDR-7506:穴1個でミクロングラス無し
  • いろいろ書きましたが、MDR-CD900stについて何が言いたいかというと、
    • 正しく装着すると、低音量感不足にはならない。
    • 正しく装着(耳たぶをイヤーパッドに詰め込む)するのは難しい。
    • 正しく装着すると、装着感が著しく悪化する。
    • ミキシングモニターとしても十分使えると思う。
    • チームで使う場合は、装着方法について認識合わせをする必要がある。
  • 個人的にはMDR-CD900シリーズに中華製のMDR-Z1000互換イヤーパッドを装着すると幸せになれました。
  • 余談ですが、学習塾に通っている息子に英才教育の一環として、MDR-CD900st(折りたたみ対応、リケーブル対応、グランド分離、MDR-Z1000互換イヤーパッド)を持たせたところ、行く先々で先生、同級生から「カッコいい」との感想を頂いているようで得意になっていました。世間では完全ワイヤレスイヤホンがもてはやされていますが、ワイヤードの40年前の無骨なデザインをカッコいいと感じる価値観が、思っているよりも多くの人々が持っていることに驚きました。

キーワード:
MDR-CD900
MDR-CD900 民生用
MDR-CD900 業務用
MDR-CD900st
MDR-CD900st サマリウムコバルト
MDR-CD900st ネオジム
MDR-CD900st ネオジウム
MDR-7506
MDR-7506 サマリウムコバルト
MDR-7506 ネオジム
MDR-7506 ネオジウム
MDR-Z1000
中華イヤーパッド
互換イヤーパッド
中華互換イヤーパッド

楽天モバイル:動作報告:iPhone 7 plus

タイトルの通りなのですが、iOS14.4に上げたら、APNプロファイル無しで動作致しました。
Rakuten Linkを使った電話も動作致しました。
My楽天モバイルも動作致しました。

新コロ対策で地下鉄には乗らず、自宅および生活圏が楽天モバイルエリアにスッポリカバーされるので、AU回線切替状況は分かりません。

2021年3月に申し込んだので、1年間支払いが発生しないそうです。

息子用にしている、iPad 5世代も iPadOS 14.4にしたら、動作致しました。

iPhone 6 sというか、iOS/iPadOS 14.4以降に対応したようです。

しばらく使ってみます。

自転車:スタッガード & アヘッド:街乗り自転車:(7) 修正

ヒルクライムでは無いですが、急勾配を登れるかどうか試している場所があります。以下の条件で登れるかどうか?

  • 井の頭線渋谷駅近くの「マークシティ脇の坂道」
  • 座ったまま
  • ハンドルに力を入れない
  • ゆっくりでいいから足を着かずに一気に登る

マークシティ脇の坂道がどんな場所なのか?たまたまリンクを張っておきます。こんな感じです。
ナナシ的エンタメすたいるNetプラス:渋谷マークシティの横にある坂
:デイリーポータルZ:初めての渋谷にビビりながら坂の角度を調べる(DPZイ ンターン習作発表)
https://dailyportalz.jp/b/2013/08/19/d/img/ima/019.jpg
すみません。とても良くまとまっているのでグラフの画像を拝借させて頂きました。マークシティ脇の坂道は斜度11.5度だそうです。

これ以上の坂道は諦めて押して歩こうと決めています。
以前は、筑波大学付属駒場中学・高等学校裏のスイッチバック式の歩道坂道を、一気に登っていた(本当は禁止)のですが、何回もやっているとボトムブラケットがガタガタになるのでやめました。

前置きが長くなりましたが、チェーンリングをどうするか問題が残っているのです。

  • Opera Luxury ArtemisiaのオリジナルはRound44T
  • 手を加えた直後は、ローギヤのRound44T×32T×26HEで登れたので一旦安堵してこれで良いかなって思っていた。
  • 一ヶ月乗り続けることで自転車に慣れるというか体が馴染んでくるというかそんな感覚があって、ペースがどんどん上がってきました。
  • 例えば、国道246:青山一丁目赤坂見附(赤坂御所脇)は舗装が滑らかで緩い下りになっていて、トップギヤのRound44T×11T×26HEだと物足りない。
  • 特にチェーンリングをOval44Tに変更してから顕著に感じるようになった。

最近は、9sカセットスプロケでも11-46Tなんてものもあるので、どんどんチェーンリングを大きくしてしまえば良いという考え方もありますが、頭が古いのかスムーズなシフトは11-32Tが最大なのではと思ってしまうのです。実際Shimano XTR RD-M951当時は、11-32T位までが最もワイドレンジでした。これを超えるとディレーラーハンガーを延長したりいろいろ工夫が必要になるようです。最新のディレーラーを使えばどうということは無いのかもしれませんが、ローノーマル、ラッピッドライズは譲れないので...

そんなわけで冒頭の話につながるのですが、先日、「マークシティ脇の坂道」を、下から二番目のOval44T×28T×26HEでトライしてみたら、割と余裕で登れてしまったのです。
そこで、リヤ32TでOval44T×28T×26HEと同じくらいのギヤ比になるチェーンリングを計算してみました。

  • 44÷28×32=50.3

チェーンリング50Tは少し勇気が出なかったので、Oval48Tにしました。

246の青山一丁目赤坂見附の緩い下り坂は今のところ周りきってしまう感じは無くなりました。マークシティ脇の坂道は、リア32Tで登れました。実は28Tでも登れました。
駆動系(チェーンリング)はOval48T×11-32T×26HEで、一旦Fixしようと思います。


チェーンリングが大きくなったので、Ovalであることをバッシュガードで隠し切れなくなってしまった。
f:id:dai_h_73:20210418172904j:plain



もう一つ修正があります。
ここ数ヶ月気持ち良く乗っていたところ、心配していた事が現実となりました。自作ワンオフのアルミ製リアキャリアにクラックが入り完全に折れました。赤坂見附で右側が折れて、かろうじて左側のみで走行し、自宅駐輪場に入る段差で残りの左側が折れて、自走不可となりました。折れた事は残念ですが、長距離歩かずに済んだので幸運でした。ますますアルテミジアが好きになりました。

折れた写真
f:id:dai_h_73:20210425205548j:plain

f:id:dai_h_73:20210425205623j:plain


アルミは、軽量だけれど硬くて弾性がないので折れてしまいます。そのため、今度は鉄製のリアキャリアにしました。いわゆるママチャリ用の安価な汎用品もあるのですが、少しでも軽くしたいので、リアカゴも強度メンバの一部になってもらおうと思いいろいろ調べました。検索キーワードで、「カゴステー」「バスケットステー」で検索するといい感じのパーツが出てきました。必要な長さを大体計って、以下パーツを組み合わせることにしました。同一メーカーで長さのバリエーションがそろっているのが、ブリジストンサイクル製でした。長いバスケットステーにリアカゴを固定して、短いバスケットステーで下から支えるようにします。汎用品を上手に組み合わせた感じになり、初代のアルミパイプの手曲げと比べてとってもイージーな感じで、いろいろな意味で安心できます。

リアカゴ全体
f:id:dai_h_73:20210429103744j:plain

シートポスト取付け部分
f:id:dai_h_73:20210421123410j:plain
f:id:dai_h_73:20210421123450j:plain

リアエンド取付け部分
f:id:dai_h_73:20210421123538j:plain
f:id:dai_h_73:20210421123619j:plain

修正後のリアカゴはとても安心感がありストレスが減りました。バスケットステーは細いのでデザインの介入が最小限という意味で良いのですが、デザインの好みはアルミパイプかなぁ~。
街乗り自転車全体像
f:id:dai_h_73:20210429103600j:plain
f:id:dai_h_73:20210429103651j:plain


キーワード:
Opera Luxury Artemisia
オペラ ラグジュアリー アルテミジア
9s
9速
SORA フリーハブ
汎用ディラーラーハンガー
逆爪
ローノーマル
ラピッドライズ
デュアルコントロールレバー
STI
STIワイヤー内装化
ローノーマル
ラピッドライズ
フロントシングル
ワイドレシオ
フロントシングル
1x9
ナローワイド
Narrow Wide
楕円
オーバル
Oval
真円
ラウンド
Round
アルミパイプ
リアカゴ
バスケットステー
キャリアステー

自転車:スタッガード & アヘッド:街乗り自転車:(6) 実施

前回のブログでカスタマイズの内容を書きました。改めて読むと、わがまま仕様ですね。
自転車:スタッガード & アヘッド:計画:街乗り自転車 - dai_h_73’s diary

わがまま仕様なので自身で出来る部分は自身で行う予定だったのですが、寄り添ってくれるショップと相談しているうちに、話の成り行き上ショップで作業すべてを受けて頂きました。ショップからの心配な部分は以下の通りでした。

  • ブルーホーンにSTI
    • STIのブレーキワイヤー取り出しが逆に出ているので反対方向に折り返す必要があり以前Shimano105の時は断ったことがある。大手の受けているショップもあるようだけれど無理!
    • これに対する回答は、今回はST-7700(古い:77DURAのSTI)なのでブレーキワイヤーの取り出しが極端に逆に出ていない可能性がある。いったん現物を見てご判断お願いしたい。
    • ブレーキワイヤー、シフトワイヤーは、作業の容易さを優先して使用してほしい。っということで、日泉ケーブル株式会社 - 日泉ケーブル株式会社を教えて頂きこれを全面的に使用しました。
    • 一般的にシフトケーブル外装式STIを内装化する場合にフレキシブルパイプなるスモールパーツを併用するようなのですが、日泉ケーブルに限っては柔軟性が高いのでSTI直結としてハンドルに這わせてバーテープを巻いてもらいました。
    • ブレーキワイヤーについては完全に隠れなくても良くて、折り返す部分は緩やかにカーブするようにバーテープからはみ出すようにして、"ほぼ"内装化にしてほしいと依頼しました。写真の通りなのですが、"ほぼ"内装化でワイヤーの引きを犠牲にすること無く完全内装化と比較して遜色なく仕上がっています。
    • ブラケットカバーは、ターニー用が大体同じ形なので、80点で良ければ純正流用出来ました。

f:id:dai_h_73:20210315122859j:plain
f:id:dai_h_73:20210315122945j:plain
f:id:dai_h_73:20210315123021j:plain


f:id:dai_h_73:20210315123132j:plain


  • 逆爪エンドに汎用のディレーラーハンガー
    • とにかく物を見てみないと何とも言えないとのことで、Amazon | ディレーラーハンガー 95 | Biking(バイキング) | スポーツ&アウトドアを入手して、ご判断お願いしました。
    • 本当にディレーラーを固定できるのかどうか?ディレーラーの可動域とカセットスプロケの位置が合致するのかどうか?もし調整しきれない場合は無理に合わせようとせずに、8sのみとかでも構わない。そして別途検討しようということでお願いしました。
    • 結果としては、ディレーラーハンガーのねじが、カセットスプロケに干渉してしまうとのことで、これを外して、クイックで挟まっているだけとなりましたが、意図に反してディレーラーの位置が動いてしまうことはないとのことでした。
    • そして、調整の範囲で9速すべてギヤに入りました。

f:id:dai_h_73:20210315123241j:plain
f:id:dai_h_73:20210315123326j:plain


  • STI:ST-7700でRD:RD-M951を引く
    • ロード系のDURA-ACEのレバーで、MTB系のXTRの(しかもローノーマル)ディレーラーが本当に引けるの?っということで改めて確認しました。
    • 9sの場合シフターとディレーラーの組合せはグループセットを混ぜて使用しても良い。
    • ディレーラーが通常(トップノーマル)でもローノーマルでも、シフターは変わらない。
    • ということでやはり引けると。結果としては普通に動きました。

ということで、当初ショップは難航することを予測して納期まで3週間とのことでしたが、上記4点の懸念点全てが上手く行き3日間で完了しました。比較的無理なく組付けられたということでした。

カスタマイズの残りは、メンテナンスも兼ねてBB交換を予定してます。フロントシングルということでチェーン落ちが心配なので、ナローワイドのチェーンリングを勧められました。ただし、44tのサイズはショップでの入手性の乏しいので、「自分で探してきてほしい。中華でも大丈夫と思う。」と頼まれました。っで、Amazon.co.jpと、以前から気になっていたWISHを中心に探したところ、同一としか思えないチェーンリングが、\12,000と\2,200と大きな差があり、また真円にに加えて楕円も試したいと欲張りになり、納期を犠牲にして安価なWISHで、DECKASと言うメーカーの「BCD104mm44TRound」と「BCD104mm44TOval」の2枚入手しました。DECKASはとにかくサイズバリエーションが豊富でした。

  • フロントシングル
  • ナローワイド
  • オーバルギヤ

9sだけれどなんだか最新っぽい感じがします。
オーバルのチェーンリングが目立たない様に、オリジナルのチェーンガイドは残しています。(きちんと隠さないと。草)
f:id:dai_h_73:20210315123521j:plain



あとは、スキル不足なのかポジションがきつい。汗:当初はアヘッドを延長してハンドル位置を高くしようと考えたのですが、ショップのアドバイスではお勧めできない。強度が落ちるし格好悪いとのこと。ハンドルステムを短いものに交換するのがおすすめとのこと。こんなことならば、ハンドルの取付径を31.8mmにしておくべきだったと後悔していますが致し方ない。次回バーテープまき直しのタイミングで31.8mmのハンドルに交換しようと思います。ということで、ハンドルステムを短いものに交換いたしました。ハンドルステムのクランプ長がオリジナルよりも短かったので、ハンドルコラムスペーサーの厚さが足りなくなってしまいました。定石としては5mm厚程度のハンドルコラムスペーサーを追加購入するところなのですが、薄いスペーサーが何枚も入るのは気分的に良くないと思い、自作しました。BD-1のフロントフォーク交換の時に思いついていたアイディアなのですが、市販の外径32mm厚さ1.5mmのアルミパイプを、パイプカッターで都合の良い長さに切断して、これをハンドルコラムスペーサーとして使用します。ハンドルコラムの外径が28.6mm、アルミパイプの内径が29.0mmということであまりの収まりの良さに拍子抜けしました。もともと、10mmが3枚入っていましたが、1-2mm厚さが足りなくなっていました。そのため今回は少し安全マージンを取って33mmとしました。自分で定規で測って切るだけなので中途半端な長さも自由自在です。これでシンプルなハンドル周りになったと思います。ハンドルの高さを変えるときは、再度アルミパイプを都合の良い長さにパイプカッターで切ればよいのです。

f:id:dai_h_73:20210315123638j:plain



残すは、チェーンリングボルトがさびている古いままなのでこれを交換することと、BB交換のみとなりました。



キーワード:
Opera Luxury Artemisia
オペラ ラグジュアリー アルテミジア
ブルーホーンハンドル
フルーホーンバー
ブルーホーン
スタッガードフレーム
スタッガード
アヘッドステム
アヘッド
アルミフレーム
120mm OLD
9s
9速
SORA フリーハブ
汎用ディラーラーハンガー
逆爪
ローノーマル
ラピッドライズ
デュアルコントロールレバー
STI
STIワイヤー内装化
ローノーマル
ラピッドライズ
フロントシングル
ワイドレシオ
7700 DURA-ACE
950 XTR
ST-7700
ST-7700 ブラケットカバー
ブラケットカバー純正流用
ミニVブレーキ
フロントシングル
1x9
ナローワイド
Narrow Wide
楕円
オーバル
Oval
真円
ラウンド
Round
ハンドルコラムスペーサー 自作
アルミパイプ

自転車:スタッガード & アヘッド:街乗り自転車:(5) 計画

改めてコンセプトは以下の通りです。



「オシャンティ通勤快速」



仕事の都合で大手町通勤になりました。コロナ禍真っ只中ということで運動不足と感染対策を兼ねて自転車通勤しようと思いました。通勤経路は世田谷区〜渋谷区〜港区〜千代田区となります。港区、、、港区系とか構えてしまいます。現状はスカしている余裕は全く無く、インター3速でハアハア息絶え絶えに坂道を登ってます。内装3速ですがゴム板を踏んでいるようで面白くない。自転車の素性が分かってきたところで、具体的にどのパーツを使用して手を加えるか?検討してみました。

もともと、女性ファッション誌の自転車特集で取り上げられた程のオシャンティなたたずまいなので、可能な限り部品交換はしないようにすれば、大体オシャンティになると思っています。実際既に信号待ちで、「綺麗な自転車ですね」って声を掛けられました。後ろカゴ付きなのに。草 でっテクニカルな部分で、端的にブルーホーンのフラットバーロードを目指します。また以前乗っていたBD-1のパーツを可能な限り使いまわそうと思います。
変更箇所は以下の通りとなっています。

  • ハンドル:日東:Amazon | NITTO(日東) ドロップハンドル RB-021 RB-021-380x25.4 φ25.4 380 シルバー | NITTO(日東) | ハンドル
    • 25.6mm×23.8mmとなっています。ハンドルステムをオリジナルのまま使いたいので、25.6mm。STIを付けたいので23.8mm 。
    • バーエンドミラーを付けたいので、グリップに角度がついていて、先が数センチストレートになっている物。
    • 色はオリジナル準拠のシルバー。
  • ブレーキ・シフト:Shimano DURA-ACE ST-7700
    • 街乗りなので操作性大事。
    • RDをローノーマルにしたいので必然的に9速。
    • 過去振られた恋人のようにいつまでも77デュラが忘れられないのです。
    • トラブル要因を減らしたいので1x9フロントシングル。今までもそうだったしこれからも。
    • ブラケットカバーが劣化していたので交換しようと思ったらすでに廃盤でした。しかし、ターニー用が流用できるようです。https://www.amazon.co.jp/dp/B00FSAJYFY
  • バーテープ:BROOKS:Amazon | 【日本正規品】 BROOKS(ブルックス) 自転車用グリップ・バーテープ [MICROFIBER BAR TAPE] 耐摩耗性と耐水性に優れたポリウレタンコーティング アンティークブラウン | ブルックス(Brooks) | グリップ・バーテープ
    • オリジナルサドルが同社なので、メーカーを合わせようと。
    • 色はブラウン系で。
  • リアハブ:Shimano SORA フリーハブ
    • これが最も悩みました。オリジナルのインター3のエンドは120mmOLDなのです。あ〜あ嘆かわしい。調査する事二週間、9速をワンオフなどせずに120mmにぶち込むのは事実上これ1択なのです。参考:自転車、自由自在。: Theっ学健究所!壱元亭
    • 本当は手持ちのShimano DURA-ACE FH-7700を使いたかったのですが、フレームは7000系アルミ。常に応力を掛けっぱなしは寿命を縮めかねないと判断しました。
    • 自身に寄り添ってくれるショップが見つかったので、オリジナルのリムを使って手組みにする予定です。130mm→120mm化とセンターオフセット右に5mmで組んでくれるとの事。
  • リアカセット:Shimano DEORE 11-32T
    • フロントシングルなのでワイドレシオで。都内坂道多いし。
  • リアディレーラー:Shimano XTR RD-M951ミドルゲージ
    • ローノーマル、ラピッドライズですね〜。あんた一体何がしたいの?って聞かれそうですが、危険回避直後に、一気にローに落として、再スタートしたいのです。街乗りはストップ&ゴーの連続なのです。
  • ホイール
    • そのまま使います。
    • 本当は700c化して、手持ちの77デュラのカンチブレーキにしたかったのですが、700c入りませんでした。あ〜あ嘆かわしい。
  • ブレーキ:ミニVブレーキ
    • STIVブレーキを引くには、ミニVブレーキですね。
    • ブレーキレバーはブルーホーンなのできちんと握れますね。テクトロの適当な物を繋ぎで入手しました。
    • せめてブレーキパッドだけでも77デュラにしようかな。
  • クランク・チェーンリング:そのまま
    • ギヤ比を計算してみると、偶然にも以前乗ってたBD-1とほぼ同じになりました。
    • BD-1:355ホイール、capreo9-26T、オリジナル56T
    • Artemisia:559ホイール、11-32T、オリジナル44T
    • 少し慣れたら、ボトムブラケットを交換しようかなと考えています。

最後に

  • リアカゴ:リアキャリアを自作ワンオフ
    • 頑張りました。
    • ハンズで19mmx1000mmの6000系アルミパイプを2本買ってきて、軽量キャリアを手曲げで作成しました。
    • ネジが緩まないように、平ワッシャー、スプリングワッシャー、ダブルナット、ナイロンブシュナットを使用しました。
    • フレームとの接合部はグリスを忘れなく。
    • カゴは、AGKのプラスティック:https://www.amazon.co.jp/dp/B00161KZ0C/

f:id:dai_h_73:20210104151625j:plain
f:id:dai_h_73:20210104151725j:plain
おそらく自転車屋さんの店主はこれにグッと来て、全面的に寄り添ってくれたのだと思います。内容からしてワガママの極みだものね。



キーワード:
Opera Luxury Artemisia
オペラ ラグジュアリー アルテミジア
ブルーホーンハンドル
フルーホーンバー
ブルーホーン
スタッガードフレーム
スタッガード
アヘッドステム
アヘッド
アルミフレーム
120mm OLD
9s
9速
SORA フリーハブ
ローノーマル
ラピッドライズ
デュアルコントロールレバー
STI
ローノーマル
ラピッドライズ
フロントシングル
ワイドレシオ
7700 DURA-ACE
950 XTR
ST-7700
ST-7700 ブラケットカバー
ブラケットカバー純正流用
ST-A070 Y6WC98040
ミニVブレーキ
自作
手曲げ

ABAP New open SQL:私事:中身無しです。

改めてSAPって凄い会社だと思いました。
公開後数時間で、Googleキーワード検索のトップページに上がってくるのです。
このブログだと、早くても1ヶ月位かかります。

以前から投稿しよう、しようと思っては、英語の壁に阻まれて、、、って言い訳でした。私事ですが、

祝SAP Blogs初投稿!

自動翻訳のパワーアシストにより、隣に座っている外国籍のプロジェクトメンバーの強力なアシストにより、SAP AGのレビューアーのサポートで、英語、若干無茶苦茶ですが、レビュー1往復で晴れて公開してくれました。
日本語で書いても良かったんだけれどね。いろんな人々やテクノロジーの助けで達成しました。感謝です。

ネタとしては、単一のNew open SQLを使って、Code pushdownの設計手法で、ACDOCAより勘定コード別の月次増減額と残高を横並びに取得します。今回のロジックは、増減額から残高を取得しますが、ほんの少し変更するだけで、残高から増減額も取得出来ます。
レスポンスタイムも0.1secオーダーで動作します。処理時間の90%以上が、ALVの描画処理になります。(多分)

Googleの検索キーワードは、
ACDOCA Code pushdown
です。